【必見】1分でわかるPRの基本「広告VS広報 」の違い

Shares

 

こんにちは。

私たちはプレスリリースの作成・配信サービスという広報関係の仕事をしていますので、初対面の方などに「どんな仕事をしていますか?」と聞かれた時、「広報関係の仕事です」と答えます。

しかし、「広報関係なんだね!」と理解されることは(悲しいことに・・・)あまりありません。

ピンと来ていなかったり、広告と混同されている方もたくさんいらっしゃいました。

そ・こ・で!

今日は多くの方が混同されている「広告」と「広報」の違いをお話ししようと思います。

 

何故混同してしまうの?言語的?それとも意味が似てるの?

 

まず、広告と広報は日本語だと区別されていますが、他の言語でも明確に区別されているのか見てみましょう。

まずは英語です。広告「advertisement」、広報「public relations」。次に中国語。広告「广告」、広報「公关」。

明確に区別されていますね。どうやら日本語に起因する問題というわけでもなさそうです。

 

次に意味について見ていきましょう。

広告とは「企業がメディアのスペースや時間を買い、企業の指示通りに作成するもの」(広報・PRの基本。山見博康著より)。

雑誌の広告欄や、テレビのCMなどがそれにあたります。広告はそれ自体に、明確に企業や製品の知名度・信頼度を上げようとする意図が読み取れ、目的がはっきりしています。

 

逆に広報とは「公共と良好な関係を築くための活動」です。

さらに言えば、広報活動は企業の透明性を高めるという観点から、義務でもあります。広報というのはその言葉一つに様々な活動が含まれています。

メディアへ企業情報を発信(プレスリリースの作成・配信)。社内報の作成・発信。記者見学会等のイベント運営。

すべて広報活動です。そのような、一言で何を指しているのかが分かりづらいということが、理解を邪魔している原因かもしれません。

 

広告と広報の具体的な違い

もう少し踏み込みましょう。

マーケティングにはそれぞれの分野があり、広告や広報(PR)は販促等と同じく、それぞれ一つの領域になります。つまりそもそもの領域が違うのです。

しかし両者には大きな違いがあります。

広告は「お金」で買えます。なのでお金を出せば、よほど倫理的に逸脱していない限り100%広告になります。

内容も企業が決めるので、主観的になり、自画自賛になりやすいです。

 

しかし後者はお金より「価値」に比重があります

価値があるものは無料でも報道します(というか基本的には無料です)。

どれだけお金を出そうとも、その新聞やテレビ、もっと言えば記者やディレクターが社会的・政治的等切り口は何でもいいですが、報道する価値がないと判断したら報道されません。

記事を書くのは記者で、番組を作成するのはディレクターです。

情報の発信時に会社が関与する余地はありません。それによって何が付与されるか?

「信頼性」です。

あくまで第三者のメディアが作成しているので、客観性が増し、独り相撲の情報ではないということで、その情報には信頼性が宿るのです。

それゆえに(不祥事などではないポジティブな)情報が報道されたら、様々なメリットがあります。

そのメリットは「記事掲載後の二次利用」という記事に詳しく書いたので割愛しますが、低コストで多くの恩恵を受けられれば企業活動もより良くなっていきますよね。

それ以外にも広告と広報は違いは存在します。下記に簡単に広告と広報の違いをまとめましたので、ご覧ください。

広報はアウトソーシングでもできる

もともと、このようなことはどの企業でも程度の差はありますが、行っていました。しかし、近年ではユニクロやメルカリ等、広報活動の重要性を理解して力を入れている企業がものすごく増えているのです。

 

しかしベトナムでは、現地法人の広報関連の人材不足(経験不足)や理解不足から必要性がないと感じていたり、ベトナムメディアとの関係を作るのに時間や手間がかかりすぎるという理由から広報活動が盛んではありません。

そんな企業の広報活動をプレスリリースの作成・配信を通じてサポートするものが弊社のサービスです。

弊社はプレスリリースを約1200あるメディアリストの中から選定して配信します。

ベトナムでこの類のサービスを展開しているものは弊社のみですので、ぜひ利用してベトナムでより良い企業活動に役立ててくださいね!

Shares

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です