もうちょっと続けたら結果でたのにーっていう無限マラソンと日記の話 #ベトナムのハノイで働く社長のブログ

Shares

<![CDATA[だいたいのことが3日坊主で終わってしまうのが基本ですが、
僕が24-25歳のオーストラリアに住んでいた時、ふと
「よし!24歳の年は日記を書こう!」
と思って1年間日記を書いてみたことがあります。
 
ちなみにその時に日記を書こう!って決心するのは多分人生でちょうど1000回目くらいだったような気がします。
それまでの999回は気付いたときには1週間書いてなかった。
この1週間一体僕はなにをやっていたんだろうか。。何も思い出せない。。私はダレ。。。
と記憶喪失か、寝ている間に記憶をプログラミングされてさっき起きたマトリックスのような状態で挫折してました。
 
でも不思議とその年は1年通して日記を書き続けることができました。
 
なんでだろうなーと思ってもこれといって理由はわかんないんですよね。
具体的に変わったことをしたり、継続するための工夫をしたわけじゃないし、
寝る前に書いてみたり、飲みにいって寝てしまった日は次の日に書いたり、
毎日書いてるわけじゃないけど一年終わってみたらしっかり365回分の日記が残ってた。なんかわかんないけど続いたなー
って感じです。
 
そんで25歳になって、
「よし!1年間しっかり日記を書いたぞ!見直して自分の1年の軌跡を振り返り、これからの肥やしにしよう!マクドナルドの創業者の藤田田も日記大切って言ってたしな!」
 
とおもって読み返してみました。
あまりの内容のなさに1年間毎日書いていたのに数時間で365日分読み終えちゃって、
それがなんだか虚しくなって、次の日から日記を書くのをやめました。めっちゃ続いたのに!と思いながら。
 
 
自分のことなのに続くのと続かないのはなんでだろうなーと思うけど、
今のところ
「日記書いたことある?」
っていう質問に
「1年間書いたことあるよ!」って答えられるようになったのはいいことかなと思ってます。
 
 
ちなみに12月4日の誕生日にもらった12月4日生まれの人の性格とか運命?みたいなのが書いてある占いの本には
”何事ももう少し辛抱して続ければ予想もしない未来が待っている”
 
って書いてありました。
 
藤田田も日記70年書いてるらしいし、
もうちょっと続けてればよかったかな。
いや長いなー!
 
 
 
今日のハノイは珍しく快晴です。
青空が見えて涼しくて過ごしやすいです。
本日も楽しく頑張ってまいりましょー
1月3日のハノイの天気]]>

Shares

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です