2016年12月末開業へ!ハノイ市内初のメトロ、都市鉄道が街の風景を変えていく!@ベトナム・ハノイで不動産投資

Shares

<![CDATA[シンチャオ、こんにちは!
今回は、正式に開業が決定した、ハノイ市内を結ぶ都市鉄道について説明したいと思います。
 

12月末に開業へ

ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways)傘下の鉄道プロジェクト管理委員会によると、プロジェクトの一部であるハノイ市都市鉄道(メトロ)の2A号線(ドンダー区カットリン〜ハドン区間)を12月31日に正式に開業することを明らかにしています。
 

カットリン駅ができる近くの工事が完了した路線区間

先月の時点で、案件の70%が完了しているようです。今年9月末までに全ての建設工事を完了させる予定だそうです。工事完了後、10月にも試運転を行う見通しだということです。
メトロ2A号線の全長は13.5kmで、12駅が設置されます。路線は2分間隔で運行し、平均速度は35km/hとなるようです。この案件は2011年10月に着工し、2016年第1四半期に開業する予定だったのですが、用地や資金調整などの問題により2016年末に延長されていました。
ハノイでは、全部で8路線の計画があるのですが、一番工事が進んでいるのが2A号線です。
ハノイ 都市鉄道路線図
今回、開業するのがこちらの図のうすい紫色の区間。ハノイ中心部から南側への路線です。2020年までには、全ての路線が整備されることが期待されているようですが、まだまだ工事が進んでいない区間も多く、いつ工事が完了するのか不透明な部分があります。
 

ハノイの交通問題解消へ

路線を走る車両モデル

路線を走る車両モデル

ハノイでは著しい経済成長やハノイ市拡大計画による都市のエリア拡大によって、急激に人口が増加しています。そのため、都市部を中心に慢性的な交通渋滞が発生し、問題視されています。
また、2014年時点で人口約709万人だったのが、2020年には800万人を超えると予想されています。

今後、渋滞の問題がより一層深刻になることが懸念され都市の持続的な発展のため、都市鉄道を整備することが急務になっている状況です。

ハノイ市内に都市鉄道が整備され、市民の日常の移動手段として定着するようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうですが、交通渋滞の緩和が期待されます。
ハノイの不動産市場においても、鉄道が街中に整備されたら多くの物件の価値が上がることが予想されます。
不動産投資を検討されている方にとっても、都市鉄道の整備は長期投資への背中を押す要因になりうるのではないでしょうか。

ではまた]]>

Shares

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です