ベトナム物件解説「コンドミニアム」編 @ベトナム・ハノイで不動産投資

Shares

<![CDATA[シンチャオ、こんにちは!
前回に続いて、ベトナムの不動産物件の種類ごとの特徴、メリット、デメリットなどを説明したいと思います。
ベトナムの不動産物件の種類、居住する場合の選択肢としては、「戸建」「サービスアパート」、「コンドミニアム」、「ローカルアパート」「ルームシェア、ルームハウス」があります。
今回は「コンドミニアム」について説明したいと思います。

「コンドミニアム」とは

「コンドミニアム」とは、日本ではあまり聞くことがないと思いますが、イメージとしてはリゾートマンション、豪華なマンションという感じです。各物件のグレードによって異なりますが、フィットネスジムやプールなどの共有施設が充実している所が多いです。

「サービスアパート」との違い

「サービスアパート」はアパート全体を貸家業として組織が営んでいるのに対し、「コンドミニアム」の場合は、部屋ごとに貸し出しているオーナーが違うことが多いです。そのため、様々なサービスの質はオーナーそれぞれの考え方に左右されます。契約時に、物品の損害や契約途中での解約のルールなど、オーナーとの取り決めをしっかりしておくのが後々のトラブルを防ぐポイントとなってくると思います。不動産投資を検討している方にとっては、一部屋から所有することができ貸し出すことができます。

「コンドミニアム」のメリット

・セキュリティがローカルアパートよりしっかりしている。
・プールやフィットネスジムなどの共有施設が充実していることが多い。
・物件の近くにスーパーや病院、ショッピングモールなどがあることが多く生活に便利。
・不動産投資を検討している場合、一部屋から所有、貸し出しができ安定的な家賃収入が見込める場合が多い。
 

「コンドミニアム」のデメリット

「サービスアパート」と違い、オーナーによりサービスの質が異なる。
ローカルアパートよりも家賃相場が高い
・契約するまでに、何部屋も確認する必要がある。
(オーナーが部屋によって異なり内装などに違いがあるため、センスのいい部屋は早く成約までの動きが早い)

Seasons Avenue

Seasons Avenue

(ハノイにあるコンドミニアム物件「Seasons Avenue」4つの高層コンドミニアムです。春夏秋冬をイメージして建てられているようです。詳しくはこちらの記事で!)

その他にもメリット、デメリットはあると思いますが、代表的なメリット、デメリットはこれぐらいでしょうか。「サービスアパート」に比べるとオーナーによってサービスの質にバラツキがあるのが難点ですが、事前に視察をしたり、契約前に取り決めをしっかりしておくことで解決できるのではと思います。
それでは、次回は「戸建」について説明したいと思います。
ではまたよろしくお願いします。

]]>

Shares

コメントを送信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です