【スタディーツアー体験談】ミニトビタテベトナム短期研修を終えて〜

【スタディーツアー体験談】ミニトビタテベトナム短期研修を終えて〜
Shares

<![CDATA[

※この記事は、スタディーツアーでハノイを訪れた大分大学の学生からの提供です。

【2016.2/27~3/4まで短期研修で滞在された中で、VJPARTNER代表・和島が運営するシェアハウスへの訪問会を企画され実施した縁もあり、研修の体験談を掲載しています。*内容はそのままですが、こちらで一部、文字の誤字、脱字の訂正、見出しをつけるなどの編集をしています】

 
応用化学科 Takashi,Oです。
ブログ初投稿なんでこれからよろしくお願いします!m(_ _)m
さてさて、2016年2月27日(土)~3月4日まで5泊6日のミニトビタテベトナム短期研修に参加させていただきました。
前々から東南アジアに行きたかったんで、このプログラムの掲示を見た瞬間行くことを決めました笑
ベトナムに行ってみて日本がどれほど過ごしやすい国なのかを再認識しました。
まずベトナムの交通状況…
交通ルールというものがないんじゃないかというぐらい自由で、バイクが一般的に乗られているんですけどノーヘル、4人乗り、信号無視、クラクション多発など目を疑うような状況でした!
私自信も何回ひかれそうになったことやら…笑笑
A30908C2-7DDF-47C0-9C86-C9907F457F16
次にベトナムの衛生状況…
水は買ったものしか飲みませんでした。水道の水はお腹を壊すかもと言われていたので…ベトナムでよく見る光景でもある路上レストランにも行きました。食べたものを地面に落として、最後に掃除という光景を見て驚きの連続でした。まぁ皿さえもちゃんと洗われているのか懸念があって本当に衛生面には疑問だらけでした(T_T)
しかし、ベトナム人の性格は真面目で一生懸命働き、また好奇心がありグローバル化にも、とても敏感だなと思いました。日常で英語を喋ったり、日本語の勉強をしたりと
日本ではやらせられているから仕方なく勉強する、というスタイルが多いかもしれませんが、ベトナム人は生きるためにやっているんだなという印象をもろに感じさせられました。
これに感化され、私も英語を武器にするためにさらに勉学に努めたいなと思いました。
このプログラムの醍醐味は企業に自らアポをとり、工場や企業の見学訪問をすることでした。
私も応用化学科ということで化学系のニチアス(株)という、東京に本社がある企業の海外拠点の一つであるニチアスハイフォン(株)にアポをとることができ、工場見学をすることができました。
アポを取る上で私はまだ1年生だから相手にされないと思ってましたがそんなことなく、快く受け入れてもらいました。これは自分にとって今後の就活においての大きな自信になったと思います。
56A93083-CF4B-44BA-BA1E-49F576721726
さてニチアスハイフォン略称NHCでは
・シート材
・断熱材
・フッ素樹脂
これら3つを製造しています。
工場に行ってみて、日本人の社長、幹部そしてベトナム人の従業員の方々に本当に歓迎してもらいました。大分大学歓迎というような、横断幕まであって本当に驚きました。笑
見学中はベトナム人の方々が工場内を日本語で説明してくれました。日本語のうまさにも驚きました。笑
見学をすることで、事業を成功させるための工夫や、1人1人が色々な部署で活躍できるように技術の習得を紙媒体で掲示し、それをお互いに見て切磋琢磨していくという取り組みを見ることができ、本当に貴重な経験になりました。
社長を始めNHCの皆さん、アポを取っていただいた本社の人事部の方には感謝しています。ありがとうございました!
 
BEB79234-2744-4565-87A4-06A424425A69
これからまた大学生活に戻るけど、次の4つのことを忘れずにいこうと思います!
それは…
好奇心
行動力
グローバルな人材
英語力
の4つです。
海外に行ってみたい、他の文化を知りたいという好奇心
しかし、その好奇心だけではなく実際にそれを行動に移せる行動力
そしてグローバル化が進む今だからこそ私はグローバルな人材になりたいとそう思うこと
そして、そのための基礎となる英語力の向上…
今回ベトナムで英語で大分大学の紹介をする機会がありました。しかし、思うように喋ることができず、とても悔しい思いをしました。だからこそ、もっともっと英語の単語力や英会話力をサークル活動や留学生チューターを通じて、あげていきたいなと思いました。

今この投稿を見て海外に行くことを考えている方がいるなら、ぜひ悩まずアクション(行動)を起こしてみてください。きっと視野がバット広がると思います。そしてもし機会があれば、私とも海外に一緒に行きましょう!これも何かの縁です、出会いは本当に宝物となりますから…

 
最後になりましたが、先生を始め国際交流課の皆さん、工学部の先生方
このよう貴重な経験を経験させていただき本当にありがとうございました。これからも機会がありましたら、よろしくお願いします。
では初めての投稿はこれにて…
最後まで読んでいただきありがとうございました‼︎
また会いましょう^ ^]]>

Shares

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

うちの会社が新聞載ってる!