【スタディーツアー体験談】ミニトビタテ2016 in ベトナム

【スタディーツアー体験談】ミニトビタテ2016 in ベトナム
Shares

<![CDATA[

※この記事は、スタディーツアーでハノイを訪れた大分大学の学生からの提供です。

【2016.2/27~3/4まで短期研修で滞在された中で、VJPARTNER代表・和島が運営するシェアハウスへの訪問会を企画され実施した縁もあり、研修の体験談を掲載しています。*内容はそのままですが、こちらで一部、文字の誤字、脱字の訂正、見出しをつけるなどの編集をしています】

 
こんにちは!!
教育福祉科学部のりょうたです!
今回、私は2月27日から3月4日まで大学の短期留学プログラム
「ミニトビタテ2016 inベトナム」
に参加しました!!!!
いや~最初は行こうか迷ってたんですけど、勇気を出して先生に相談したら、大歓迎だということで、、、もう卒業するにも関わらず、工学部や経済学部のみんなとベトナムに行きました!
訪問先として、企業や日本人学校などを他のメンバーが担当する中、私が担当した訪問先はベトナム労働省人材育成部門でした!!
まず、労働省の方に挨拶をし、ベトナムでの人材育成について、話を聞きました。
本当にざっくり言うと、、、話の中心は
「技能検定」を今後、もっともっと進めていきたいとのことでした笑
「技能検定」とはみなさんが思っているイメージのままです。
ものづくりやコンピューターの情報処理などの検定のことです。
その「技能検定」をベトナムでもどんどん導入し、整備することでより高度な技能を持つ人材を育成していきたいと話されていました。
私も教育に携わる人間として、より良い人材を育成していこうという労働省の方の思いが人一倍伝わりました。
話の後は、質問をするなど、個人個人がベトナムでの人材育成について理解をしていました。
みんな、真剣すぎて写真をほとんど撮っていなかったのですが、お土産を渡す時だけ撮っていたので貼っておきます笑
32D827ED-093E-46D6-80EA-C11742C95847
 
それでは、次に研修全体を通して感じたことを書きます!!!
今回の研修はいろいろな企業を訪問することができ、さらに労働省や日本人学校などさまざまな分野について見学し、勉強することができました。
ベトナムという国の人々も温かい人ばかりで、本当に良かったです。まあ、でも食べ物は個人的に日本のほうが美味しい、、、笑
結構道端にごみとか落ちていて清潔ではないなあ、、、
とか思っちゃいました笑
(ベトナムの人ごめんなさい)
でも、今回、ベトナムでよかったなあと思います!
 
 
最後に僕が感じたのは

「ミニトビタテすっごくいいじゃん笑」

ってことです。
・自分たちで、研修計画を立てられる
・一人ではなく、みんなで研修に参加できる
・1週間という海外初心者も参加しやすい
・奨学金がでる
海外に出て、研修に参加したい!!
けど、あと一歩勇気を踏み出せない、、、
 
そんな人にこの「ミニトビタテ」をおすすめします!!(もちろん、海外に行きたい!!と強く思っている人もです)
これまで海外に出たことのなかった自分が外国の人とコミュニケーションを取ったり知らない土地で生活をするっていうのは本当にいい刺激になります!!!
やっぱり、ベトナム行ってすごく良かったなあーと思いますし、
もし私が1年生とか2年生だったらまた参加したいなあ、と感じました。ベトナムの良さとかは他の人の投稿を見てください笑
最後の最後になりましたが、
今回、先生を含めた9人(Zさんを入れると10人)で研修に参加できて本当に良かったです。
大分大学の学生もこのような大学の留学プロジェクトに参加して、もっと海外に出てみるべきです!!!
きっと大きな学びがそこにはあるはずです。
大きな学びがありつつ、楽しむことができたなあと今感じています。
みなさんも、どうかチャレンジ精神を忘れずに頑張っていきましょう!!
 
自分も社会に出て、頑張っていきたいと思います!
本当にありがとうございました!!
441768A5-7B04-4E5A-A603-0001D789815E]]>

Shares

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

うちの会社が新聞載ってる!