【スタディーツアー体験談】ミニトビタテに行ってみて

【スタディーツアー体験談】ミニトビタテに行ってみて
Shares

<![CDATA[

※この記事は、スタディーツアーでハノイを訪れた大分大学の学生からの提供です。

【2016.2/27~3/4まで短期研修で滞在された中で、VJPARTNER代表・和島が運営するシェアハウスへの訪問会を企画され実施した縁もあり、研修の体験談を掲載しています。*内容はそのままですが、こちらで一部、文字の誤字、脱字の訂正、見出しをつけるなどの編集をしています】

 
はい、さわりんこと”もりりん”です。ちなみに工学部応用化学科4年です。
ブログなんて書いたこともないですが、これがミッションとのことで書かせていただきます。
 
ラフな感じで書いて行こうかなと思っています。(ブログですのできれいごとは書きません(笑))
あくまで私の主観でボンボン話すんで、他の7名が書いているように、1週間ベトナムに行ってきました。(期間は・・・私には短かったかなー。もう少し長い方が、よりマニアックなベトナムを堪能できたのではないかな。)
 
そもそもミニトビタテとはなんぞやっちゅう話ですよね。これはアキが細かく話してくれてるんでそちらを参考にしてください。僕とアキはトビタテ留学JAPANに合格し留学をさせていただきました。(留学とまで言えるようなことはしていませんが)まぁこのトビタテ留学JAPANや分大生の留学志向向上に繋げられればというような取り組みですよ。
 
まず動機ですが、”奨学金”が出るから。ここは先生方には申し訳ないですが事実です。まぁ金ですよ。
 
いきなりですが、話一気に変わります。(笑)
留学したいけど・・・。できない理由でよくあげられるのは”金銭面”と”カリキュラム
(つまり留年してしまう)”。あと行動力ですね。
正直、分大生にはこの行動力の欠如が顕著です。これはどうしようもないんですけどね。環境が環境ですから。僕の周りにもいます。口だけのやつ。夢を語ってるんですけど、実際何もアクションを起こさない。
まぁ夢を持ってるのは良いことですけどね。
一歩踏み出せるかどうかで人生は何かしら変わります。それが良い方なのか、悪い方なのかはわかりませんが。
でも今一歩踏み出すということが、今後の人生必ず役に立つ。そう僕は信じています。
 
飛び込んでみたら意外となんとかなるんですよ。
できない理由なんか考えないでください。人生なるようになるんです。案ずるより産むがやすしってやつですね。
 
内容については満足しています。
多くの企業の方や、ベトナム人と交流ができ充実した内容の濃い1週間を過ごせました。(以上!(笑))
 
ここからは夜の暇な時間について。
僕はこのベトナムでさらに値切り交渉術を上達させました。トビタテの時も値切り交渉しまくってました(笑)
ベトナムではthe north faceのアウターを半額くらいで買えました!しかし、ん?ん?sapa?なんじゃこりゃー!刺繍はちゃんとしてるのに!そして向かいの店員さんにむさバカにされたし(笑)
まぁこれも良い思い出です(笑)
 
あと共同生活は難しいですね。僕はいびきが半端ないので他の7名にはさらなる苦痛を与えたと思います。。。すみません(泣)
ユニットバスなんでひとりが入っている時、誰も使えないという状況。かなり辛かったです(笑)
書きだしたらきりがないですね。
 
そろそろまとめましょうか。だらだらなってもあれなんで。
このミニトビタテは留学、海外を知る良い機会です。今何したらいいかなとか悩んでる人がいたら海外に行ってみるのも良いと思います。
あと”海外で働きたい”と思っている人!実際の生の声が聞けます。海外を知ることで視野も広がることで考え方も変わります。
大学が1週間のプログラムで5万円も奨学金をくれる機会なんてそう多くありませんよ。。。チャンスはどこにでも転がってます。
ぜひ、とびたってみてください。そしてトビタテにも挑戦を・・・(笑)
 
さいごに奨学金をいただくために各学部などに掛け合っていただき、このような機会を与えてくださった先生に感謝しています。
本当にありがとうございました。
それではここら辺で。。。]]>

Shares

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

うちの会社が新聞載ってる!