日本語
Framgia主催のJob Fairにて選抜されたベトナム人学生ら いよいよ今年10月より高度IT人材として就職のため渡日
2018/10/16 11:00 (JST)
Facebook Twitter

ソフトウェア開発をはじめ人材開発、教育事業をグローバルに展開する株式会社フランジア(所在地:ベトナム、ハノイ、代表:小林 泰平、HP:https://framgia.com/、以下:フランジア)が主催のJob Fairにて選抜されたベトナム人学生(5グループ40人)が、日本の大手IT企業での就職のため、2018年10月より順次渡日致します。

2018年10月より日本に働きに行く学生達

【背景・目的】

2016年時点での経済産業省の報告(http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html)によると、2020年には約37万人のIT人材が不足すると言われています。また、AI、IoT、ビッグデータ等に携わる先端IT人材においては、約5万人の人材が不足すると予想されています。こうした現状を受けて、近年高度外国人人材の受け入れが拡大しています。

そのような状況の中、フランジアが注力しているのが、ベトナム現地大学生へのITと日本語の教育です。

フランジアは、2014年より1000人のエンジニアを日本に送り込むことを目標として、ベトナム現地の大学と協力しています。大学と提携したIT×日本語クラスの開設、Job Fairの開催により、日本の人材不足、及びベトナムのIT業界の発展に貢献していきます。

 

【フランジアの教育事業に関して】

・オフショア開発大手、Framgia がハノイ工科大学らと連携し、ベトナム初の『ITx日本語クラス』を開催「日本での即戦力育成に貢献する」

https://veho.press/framgia-press-release-2/

・日本のIT業界を牽引するベトナム人優秀人材を育成する FramgiaがベトナムNo.1のハノイ工科大学と連携し、ハノイでジョブフェアを開催

https://veho.press/framgia-press-release/

2014年から現在までベトナムにおいて、ハノイ工科大を含む3つの大学で日本語とIT日本語の授業、そして日本への就活対策授業を実施しています。日本での就職を希望する学生たちが、企業で即戦力として活躍できるように総合的なサポートを提供しています。

特に、ITの内容を日本語で学ぶIT日本語と呼ばれる授業があり、ここに参加する学生たちは、高度IT人材育成支援プログラム(HEDSPI = Higher Education Development Support Project on ICT)と呼ばれる、プログラミングやレポート作成のみならず、実践的なITスキル、業界での働き方、日本の文化やライフスタイル等が学習できるプログラムに参加しています。学生は日本の企業で働くことを望むN3以上の日本語レベルを有する学生たちで、講師は経験豊富なITエンジニアの日本人です。

【学生からのコメント】

Thai Ba Viet(ゲアン省出身)

 

「今回、私は東京にあるファイナンステクノロジーの会社、Money ForwardでWebエンジニアとして働くことになりました。フランジアは私がキャリアを決める上で、重要な役割を果たしてくれました。フランジアによるIT×日本語クラスではIT、日本語だけでなくさらに、ソフトスキルやインタビュースキルを学ぶことができました。そのおかげで、フランジア主催のJob Fairに3ヶ月の間に4回参加し、最終面接で嬉しい結果を得ることができました。」

Money Forward社より内定を得た時の様子(Thai Ba Viet)

Vu Quang Minh(ハノイ出身)

 

「この度、私はMedia Doで働くことになりました。電子書籍や出版物の管理など、出版業界の発展に貢献しているこの企業で、私は2年から3年間、ウェブサイトとソフトウェアの開発をしたいと思っています。私は4年生のとき、私の大学とフランジアの協力で行われたトレーニングコースで第一歩を踏み出しました。そこでITを日本語で学ぶことによって、さらに自分を成長させることができました。また、企業に関する情報を私たちのために準備してくれたため、私はJob Fairで日系企業と2回面接した際に、とても自信を持って望むことができました。」

Media Do社より内定を得た時の様子(Vu Quang Minh)

【フランジアからのコメント】

藤本一成 -フランジア教育事業責任者:

「この度、40人の素晴らしいベトナム人エンジニアが、日本で就職することを大変嬉しく思います。日本でのIT人材の不足が危惧されている中、ベトナムは日本の人材不足をサポートする魅力的な国の一つです。また、日本におけるIT人材の不足を解決するだけでなく、ベトナム人に労働機会を与え、ベトナムのエンジニアの地位向上、IT業界の発展に貢献して行きたいと思っています。」

 

【会社情報】

会社名:株式会社フランジア
ベトナム本社:Keangnam Tower、Hanoi Landmark 72、Lot E6、Pham Hung Street、Nam Tu Liem District、Hanoi
代表者:小林泰平 – CEO
設立:2012年
HP:http://recruit.framgia.vn/

フランジアは2012年創業、現在5ヶ国、7都市にて約1200名体制で活動しているグローバルなITプロフェッショナルチームです。システム設計・UI/UX設計・デザイン・インフラ構築を含むプロダクト開発、スタートアップ支援、テクノロジー人材育成を主な事業として展開しています。“WE MAKE IT AWESOME!”をモットーに、世の中が思わず「すげー!」とか「やべー!」と言ってしまう様な感動体験を産み出し、明るい未来を切り開く事に貢献し続けていくことをミッションにしています。

 

【記事に関するお問い合わせ先】

 

担当者:Vũ Thị Thu Hằng
言語: ベトナム語、日本語
Email:vu.thi.thu.hang@framgia.com
TEL: 0969022018

 

掲載実績
Facebook Twitter

Provider 配信元

企業名
地域
代表者
小林 泰平
設立年
2012
住所
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町15番地 グランファースト神田紺屋町(旧 神田TKMビル)9F(ハノイ)13F Keangnam Hanoi Landmark 72 Tower, Plot E6, Pham Hung Road, Nam Tu Liem Dist., Ha Noi, Vietnam
事業内容
プロダクト開発、スタートアップのアクセラレートプログラム、テクノロジー人材育成